不眠症を打破する方法【Good スリーピング life!】

医者

生活を見直し予防する

医師

がんの中でも女性特有のがんである乳がんは40代~50代の女性に多く発症すると思われていますが、最近では若い女性でも発生してしまう可能性があります。乳がんは初期症状では痛みもないため、気づく人は多くありません。注意深く胸を触るなどするとしこりを見つけることができます。乳がんの発見のほとんどは自己検診だと言われています。乳がんはがんの中でただひとつ自分で発見できるがんです。早期治療のためにも常に自分自身で胸を触って異常がないか確かめることが必要です。また、乳がんでは無いような感じがするけど胸に違和感を感じる人は病院で検査を受けると良いでしょう。乳腺が腫れているなどで乳がんと思ってしまう人もいるため、検査をすると胸の違和感を解消することができます。

現在、乳がんは急増しています。乳がんは他のがんと同様に遺伝子の病気です。遺伝子異常の蓄積によって発生することがわかっています。また、飲酒習慣や肥満などの生活の乱れによっても乳がんになる確率が高くなります。普段の生活から適度な運動を行うなどして、乳がんの予防を意識しましょう。病院に行って乳がんと診断された場合は、担当医とどのような治療を行うか話し合いが必要です。乳がんの治療には手術・放射線療法・薬物療法など乳がんの進行によって治療がことなっていきます。担当医に任せっきりなどはせずに自分の考えや要望も伝えて治療に臨みましょう。女性にとって女性を象徴する乳房です。乳がんになってしまうと女性特有の膨らみを失う上に命を落としてしまう危険性もあります。乳がんの原因や特徴的な症状を自身で把握し、危険性を理解することで早期発見に繋がります。