不眠症を打破する方法【Good スリーピング life!】

医者

短い期間で退院できる

医者

腸閉塞とは、腸の内容物が何らかの原因で詰まってしまう病気です。腹部に疝痛と呼ばれる突き刺すような強い痛みを起こす事が特徴です。症状が進行すると排ガス、排便の停止や嘔吐が起こります。場合によっては死に至る事もある恐ろしい病気です。そうならない為にも、上記の症状が出たら出来るだけ早期に病院受診をする事を心がけて下さい。腸閉塞は消化器内科がある病院で対応が可能です。 腸閉塞の手術には保存療法と手術療法があります。治療費もどちらを選択するかで大きく異なります。一般的には原因が緊急ではない場合、保存療法が開始されます。1週間程経過観察を行い、症状が改善されない場合は手術療法が行われます。入院が長くなればなるほど治療費は膨らみますが、高額医療費制度を使用する事で医療費を減額する事が出来ます。

腸閉塞は保存療法で回復すれば比較的短い期間で退院可能となります。一般的には酷くない場合、腸閉塞の9割は保存療法で対応可能です。手術療法のリスクが高いのは、開腹手術の既往がある方や大腸がんがある方等、腸に器質的な変化が生じている場合です。この中でも最もリスクが高いのが開腹手術の既往がある方です。 しかし近年、医学の進歩により開腹手術自体が減ってきており、内視鏡等の低侵襲の術式が多く開発されてきました。又、大腸がんも医療機器の発達により早期発見が可能となっています。検査したその日にがんの切除も可能な時代となっているのです。この様な背景もあり、今後は腸閉塞の手術療法の適応者は減少すると思われます。早期退院する事が出来る様になれば医療費も安く抑える事が出来るでしょう。